手彫りで作成した実印の魅力についてお教えます

知っておきたい手彫りの実印の相場

実印とは住民登録を行っている市役所や区役所などで戸籍上の名前を印鑑登録として申請した印鑑の事を言います。100円ショップなどで購入した三文判と呼ばれる出来合いの安価なハンコでも登録して使用することは出来ますが、このようなハンコは機械で大量生産されています。そのため、印鑑登録した場合、同じ形の商品を他人が簡単に手に入れることも可能です。実印は大事な契約や金融機関への届出印として使用することも出来ますし、お金を借りることもできます。そのため、他人が簡単に手に入れることが出来ないハンコを登録することをおすすめします。特に同じものが作られることが難しいと言われている手掘りのものを登録することで悪用される可能性を格段に減らすことが出来るのです。

作成するときの価格相場について

価格相場はまさにピンキリで、サイズや文字数などの違いによって大きく異なってきますが一番の違いは素材による差です。素材の中でも最高級と言われているのが象の牙である象牙で作成する商品です。象牙は押印性に優れており、耐久性も高いですし見た目の重厚感や高級感が他のものとは異なります。価格の相場は2万円程度とされています。次にスタイリッシュで一番多くみられるのがチタンの商品で耐久性が高く耐熱性にもすぐれています。価格は1.5万~2万円程度とされています。これに対して一番リーズナブルな商品が黒水牛です。最も人気がある素材の1つで値段は5千円程度とされています。この素材の料金にプラスして手掘りの料金がかかってきます。そのためトータルでは1.5万~5万円程度のものを作成される方が多いと言われています。

使用する際には注意が必要になります

続いて、使用する際の注意点をご説明します。実印は作成しても、印鑑登録を行わなければ本人証明に使用することが出来ません。ですが登録してしまえば、そのハンコだけで本人だという証明になってしまいます。そのため、悪用されてしまえば他人の保証人になり借金を背負わされたり、不当な契約を結ばれたりしてしまうこともあります。ハンコの中でも、もっとも重要なものであり、他のハンコとは重要性が全く異なってきます。そのため、銀行印や認印などとの併用は避けた方が無難だと言えます。また、紛失する可能性から家族で共有して使用したりせず、捺印する場合も書類の内容をよく読んで慎重に取り扱うことが大切です。使用時には法律上、社会上の権利・義務の発生を伴いますので注意が必要となります。